アラサー男子のデジタル時計「F-105W-1A」。チープカシオという究極のシンプル。

チープカシオいいよ
Sponsored Link

赤提灯に惚れた男、ひかるです。どうも。

 

僕が愛用している腕時計、チープカシオを紹介します。

 

僕はなぜデジタル腕時計にチープカシオを選ぶのか?

会社員時代にはたくさんの社会人とお会いして様々な時計を見てきました。

僕はスーツを着る仕事だったのでまさに「ビジネス時計」みたいなものが僕の周りでは主流だったわけですが、どうしても僕はそこに価値を見出せませんでした。

ものすっごいごっつくてピカピカしていて何十万、何百万。

ポカーン。でした。

 

そうした時計を持っている人たちは「時計は資産になるから」と言っていましたが、いまいちよくわかりません。

少し調べてみると、購入後すぐに売却してしまうなら価値はそれなりだそうですが、時間が経つにつれて売却価格は下がっていくものが多いそうで。

せっかく何十万、何百万と大金を積んで購入するのだから恐らくそうそう簡単には手放さないと思うんですよね。

時計ってファッションなんで自己承認欲求を満たす側面もあると思うんです。

身につけて、周りの人に見てもらって自慢したり褒められたり、みたいな。

 

なので、そうした自己承認欲求をある程度満たすまでは手放さないわけでその時に売却をしても資産としての価値ってあまり高くないんじゃないの?と思ってしまうわけです。

デザインも派手なものが多くブランド価格だろ的な値段設定も苦手。

ということで僕には高級ビジネス時計の良さがわかりませんでした。

 

とはいえ、腕時計自体は好きです。

今時スマートフォンを持っていれば腕時計はさして必要ない時代になったのかもしれませんが、やっぱりファッションとして身につけたい。

シーンや服に合わせて時計も変えたいので「カジュアル」「きっちり」「ビジネス」などによって複数持ちたいなと。

 

「カジュアル」枠の時計として昔からチープカシオを使っていました。

「CASIO」のグローバルブランドで有名なカシオ計算機の時計です。

CASIOと言えば何と言っても「G-SHOCK」。

僕は身につけたことはないのですが、これもかっこいいですよね。

ただ、僕の中でビビっときのはチープカシオの方でした。

 

最初に選んだのはこれ。「MW-59-7BJF」。

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥1,436 (2019/03/20 12:35:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

服はマーガレットハウエルを好んで着るのですが、大阪梅田のショップに行った時にこれを見つけました。

その時はチープカシオという言葉も知らなかったのですが、コラボレーションでない品物をショップでセレクトしているのが驚きで
値段を見ても2000円もしない安さ。

一目惚れしてから電池交換までしながら4年ぐらい使いました。

最終的にはベルトが劣化のため切れてしまってサヨナラしましたが…。泣

 

愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」を画像多めレビュー

新しいチープカシオとしてF-105W-1Aに決めました。

F-105W-1A

created by Rinker
CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥1,090 (2019/03/20 12:35:55時点 Amazon調べ-詳細)
愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」

前回がアナログだったので今度はデジタルを。

文字盤の安っぽさがぐるっと回っておしゃれ。僕にとって。

F-105W-1Aは公式オンラインショップだと定価は3,000円ぐらいするのですが、アマゾンなどでは1,000円前後で手に入ります。

 

 

愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」2

F-105W-1Aを身につけるとこんな感じ。

サイズ感もちょうどいいんですよね。

フォルムも厚みもベストサイズ。

 

 

愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」3 愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」4

F-105W-1Aのひきの図。

 

どことなく、G-SHOCKのような雰囲気もありつつ、100円ショップに置いてそうな安っぽもあります。

なんでこんな絶妙な雰囲気になるんだろう。

不思議な色っぽさですね。

 

 

実はF-105W-1Aは機能的にもいい感じです。

愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」5

バックライト。

1代目のMW-59-7BJFはアナログで文字盤も白かったので夜間の視認性はよかった。

2代目になるF-105W-1Aはデジタルだったので暗いところでの視認性が心配だったんです。

他のデジタルチープカシオの中でもF-105W-1Aのバックライトはとてもいい。

文字盤全体をしっかり照らしてくれて(他のチープカシオでは一部分しか照らさないものもある)この発色もいいですよね。かっこいい。

 

愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」6

アラーム機能も。

腕時計のアラーム機能っていいんですよね。

これまではiPhoneを目覚ましにしていたのですが、スマホから離れて寝落ちした時とか「どこかでアラームが鳴っているけどどこ?」
って、寝起き寝ぼけた状態でアラーム止めるのにスマホを探し回るのがなかなかストレスだったりする。

でも、腕時計ならすぐに止められる〜。

自宅では相変わらずスマホを目覚ましにしちゃいますが、作業中に仮眠をとる時とか友人宅とかではF-105W-1Aを使っています。

毎時0分を音で教えてくれる機能も付いてます。もちろんOFF設定ができますよ。

 

 

愛用のデジタル腕時計チープカシオ「F-105W-1A」7

あとはストップウォッチ。これも地味にいい。

何がいいって料理する時なんですよね。

3分とか6分とか細かい時間を測る時に使っています。

(アラームだと時間設定するのが面倒)もちろんキッチンタイマーなんかもあるけれど腕時計ならすぐに起動してちょっとキッチン離れても時間を確認できます。

しかーし時間になったらすぐに料理に戻っちゃうのでストップウォッチを止め忘れてしまうこともしばしば。

気づく頃には2時間経っているなんてことも。。。こればっかしは気をつけて止めるしかありません。笑

公式発表だと電池寿命は7年!!長寿命なのでストップウォッチの少々の止め忘れぐらいは問題ない。(と信じたい。)

 

 

ということで僕のチープカシオF-105W-1Aの紹介でした。

この他にも本当にたくさんのチープカシオたちがいるのでぜひ色々と調べてみてくださいね。

 

紹介したアイテム

created by Rinker
CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥1,090 (2019/03/20 12:35:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

ひかる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。