茶飯の炊き方。おでんや煮物と一緒に。

Sponsored Link

こんにちは。ひかるです。

いつもの白飯をアレンジ。今回は茶飯を作ります。幼い頃過ごした商店画には和菓子屋さんがあって。そこの「茶飯おにぎり」がとても好きでした。

「なぜかご飯が茶色くて、しかも具がないのに。んまい。」

なんて当時は思っていましたが、僕のおばあちゃんがよく買ってきてくれたのがとても懐かしく、そんな思い出深い茶飯が食べたくなったのでした。

引越しとともに思い出の味とも疎遠になってしまったのですが、社会人になってからふいに食べる機会があり。大阪にあるおでん屋さんの締めに出てきた茶飯。

>>食べログ|常夜燈 豊崎本家

常夜燈さんはおでんも格別なのですが、コースの締めにいただく茶飯がまた美味しくて。それからというもの、「おでんに茶飯」は鉄板の組み合わせです。

 

茶飯の炊き方

当時は茶飯の炊き方やその正体を知らなかったわけで、「白くないご飯」「具がないのに、んまい(味がついている)」ことに驚きました。

茶飯といっても、その炊き方は様々で大きく2通りあります。

  1. お茶で炊く
  2. 出汁で炊く

幼い頃親しんだ和菓子屋さんの茶飯は前者、おでんの名店でいただいた茶飯は後者。どちらも見た目には同じように見えますが、味わいはまったく別物。どっちも美味しいんですけどね。

色々と試行錯誤した結果、我が家の定番には「1」の茶飯の炊き方を採用することにしました。「2」の場合、出汁ならではの旨味や香りをご飯に移し、それはそれは美味しく炊き上がるのですが、少し手間がかかる。おでんなど出汁を使う機会にまとめて炊くなら良いのですが、ふいに茶飯を食べたくなった時の手間を考えると少し躊躇する。

お茶なら普段常備してあるし、ささっと白ごはんを炊くように炊飯できるのが魅力です。それでは茶飯の炊き方。

  • 茶飯の炊き方
  • 白米
  • ほうじ茶
  • 塩こんぶ:洗米前重量

 

 

まずは白米をささっと洗米。ザルあげて水を切っておきます。

 

炊飯時の水は全てほうじ茶。お茶は緑茶や烏龍茶など試しましたが、ほうじ茶が一番クセがなく、炊きあがりの色合いも綺麗でした。ほうじ茶は家にあるものを少し濃い目に入れて。

入れたてアツアツのものを使わず、常温に冷ましておきます。

 

そのまま炊いてもいいのですが、少しうま味を足すと満足度が高く。塩こんぶを使います。昆布のうま味と塩っけをプラス。

created by Rinker
フジッコ
¥2,380 (2020/11/20 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

洗米前の米重量の2.5〜3%を目安に。米は炊飯後に約2.2倍の重量になります。これで炊きあがり茶飯の塩分濃度が1%前後になります。

 

あとはいつも通り炊飯器をポチ。土鍋で炊くにもいつもと同じ要領で。

>>土鍋で美味しくご飯を炊く方法

土鍋で美味しくご飯を炊く方法

2019年12月13日

 

塩こんぶが仕事をしてくれていい塩梅。ほうじ茶の綺麗な色が食欲をそそります。

 

おでんとの相性は抜群ですし、煮物にもよし。この日はタコの桜煮と合わせました。

>>「家でおでん」の始め方

「家でおでん」の始め方

2019年11月21日

 

紹介したアイテム

created by Rinker
フジッコ
¥2,380 (2020/11/20 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

ひかる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。