【Uber Eats配達】収入保証インセンティブのまとめ

【UBEReats配達】初の収入保証インセンティブを体験
Sponsored Link

赤提灯に惚れた男、ひかるです。どうも。

 

>>前回のUber Eats配達数字

【Uber Eats配達】夏はディナータイムの配達稼働がいいかもしれない3つの理由

2018.07.24

 

>>次回のUber Eats配達数字

【Uber Eats配達】お酒(アルコール類)も配達できるんです。その配達方法とは?

2018.08.07

 

先週はUber Eatsでのマクドナルドの注文について、お客様が負担する配達料380円が無料となるキャンペーンが実施されました。

>>「Uber Eats」×マクドナルド1周年記念!配送料無料キャンペーン実施!「Uber Eats」利用可能の全店舗で7月23日(月)~27日(金)まで5日間

配達パートナー確保のために、配達回数インセンティブ(ピークタイムの指定時間帯で、設定された配達回数をクリアすると追加報酬がもらえる)が平日にも関わらず発生していました。普段は土日や大雨予報のみのインセンティブなので、これはおいしい。。。

加えて見慣れないインセンティブ、「収入保証」も発生しました。このエントリーではUber Eatsの収入保証インセンティブについて。

 


Uber Eatsに興味があるあなたへ。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり


 

収入保証インセンティブとは?

仕組み

収入保証インセンティブは「オンライン待機しているにも関わらず、配達依頼がなくても報酬が支払われる」というもの。

今回の場合、指定時間にオンラインにしておくと1時間につき1,000円がもらえました。配達依頼が入らなくても。Uber Eatsでの配達パートナーの仕事は、時給制ではなく完全歩合制。配達回数や距離に応じて報酬金額が変動します。頑張れば頑張るほど報酬が増える。

これは裏を返すと「配達しなければ0円」ということでもあります。例えば、配達しようとアプリをオンラインにしていたけど1件も配達依頼がなければ報酬はありません。あまりありませんが、朝9〜10時や15〜16時などの注文数が少ない時間帯だと、30〜場合によっては60分以上配達ができないことがあります。

配達依頼が入らないなら、エリアを移動したりなどやるべきことはありますが、「配達しなければ0円」という完全歩合制はUber Eatsで仕事をする上で厄介な問題です。

 

収入保証インセンティブを初めて発見

しかし、配達保証インセンティブは配達0件でも報酬を獲得できます。正確にはいくつか条件はありますが。

 

その他のプロモーションから確認できます

プロモーション画面を開くと画面下に収入保証インセンティブの告知があります。この時は27日金曜日の①9〜12時、②15〜18時、③22〜0時が対象時間でした。この時間にアプリをオンラインにしておくと、、、

  • ①②:1,000円×3時間=3,000円の収入保証
  • ③ :1,000円×2時間=2,000円の収入保証

 

それぞれをタップすると適用の条件が書かれている

今回の収入保証インセンティブの条件はこの2つ。1つ目が重要で(2つ目は意識しなくても自動で達成される)、配達依頼のうち50%は配達しなければなりません。

1時間1,000円もらえるとなると、配達依頼を拒否して何もせずに報酬をもらおうとしてしまいがちですよね、人間はサボりたい生き物です。しかし、2件配達依頼があれば最低でも1件、4件配達依頼があれば最低でも2件は配達しないと収入保証インセンティブは適用外になってしまいます。

 

対象時間内にタップすると現在の受入率が確認できる

対象時間になると自分の受入率を確認することができます。この受入率とはあくまでも対象時間内での受入率です。対象時間外で配達頑張ったからといっても受入率には計算されません。

Uber Eats公式サイトの説明を引用します。

オンライン時間インセンティブ

特定の時間において、配送料+ブーストが、オンライン時間あたり基準額に満たなかった場合に、満たなかった金額分(差額)をオンライン分数に応じてお支払いします。 時間ブロック毎に、配達のリクエストを受けた割合(応答率)が一定以上の場合に、オンライン時間がインセンティブの対象となります。

例えば、10〜11時におけるオンライン時間インセンティブが¥2000であり、実際の配達料金が¥1200であった場合、最大¥800を追加でお支払いします。 オンライン時間インセンティブに満たなかった金額のうち、いくらが支払われるかについては、計算対象となる時間帯にてオンラインだった分数により変動します。 上記のケースでは、10〜11時の間に60分間オンラインだった場合、¥800が追加で支払われますが、30分のみオンラインだった場合は、¥400のみ追加で支払われます。

加えて、最低料金については下記の適用条件がある場合があります:

・原則対象エリア内で待機していること
・インセンティブ期間の応答率が基準を下回らないこと
・最低保証料金の適用対象時間中、オンライン時間1時間あたり基準回数以上配達を完了すること

詳細な適用条件はアプリ内からご確認ください。

出典:インセンティブ適用条件

 

収入保証インセンティブのケーススタディ

具体的にいくつかのシチュエーションで配達保証がどのように適用されているかを説明します。配達保証が適用されるか?適用される場合いくらになるか?考えてみてください。

 

《前提》

  • 1時間1,000円の配達保証インセンティブ
  • 対象時間は9〜12時(180分間)
  • 50%のリクエスト受諾

 

ケースA

Question:
対象時間180分オンライン待機した。配達依頼は6件、そのうち3件の配達を完了して配達報酬が1,500円だった。

 

 

Answer:
収入保証インセンティブ適用OK。+1,500円。
→受入率が3/6(50%)なのでインセンティブが適用されます。180分全てオンラインにしていたので3,000円の収入保証です。しかし、そのうち配達完了が1,500円分あるので3,000-1,500=1,500円のインセンティブとなります。

 

 

 

ケースB

Question:
対象時間90分オンライン待機した。配達依頼は5件、そのうち3件の配達を完了して配達報酬が1,000円だった。

 

 

Answer:
収入保証インセンティブ適用OK。+500円。
→受入率が3/5(60%)なのでインセンティブが適用されます。対象時間180分のうち半分の90分オンラインにしていたので1,500円の収入保証。しかし、そのうち配達完了が1,000円分あるので1,500-1,000=500円のインセンティブとなります。

 

 

 

ケースC

Question:
対象時間120分オンライン待機した。最初の60分間は配達依頼2件だが全て拒否。残り60分の配達依頼は2件で、全て配達を完了し配達報酬が1,200円だった。

 

 

Answer:
収入保証インセンティブ適用OK。+800円。
→最初の60分間、残りの60分間と分けて書きました。別々で考えると最初の60分間の受入率は0/2(0%)で配達保証がなさそうですが、あくまでも対象時間は合算です。そのため受入率は2/4(50%)なのでインセンティブが適用されます。120分オンラインにしていたので2,000円の収入保証です。しかし、そのうち配達完了が1,200円分あるので2,000-1,200=800円のインセンティブとなります。

 

 

 

ケースD

Question:
対象時間180分オンライン待機した。配達依頼は7件、全て配達を完了して配達報酬が3,500円だった。

 

 

Answer:
収入保証インセンティブ適用NG。
→受入率は7/7(100%)、180分全てオンラインにしていたので3,000円の収入保証の適用条件を満たしています。しかし、配達完了が3,500円は収入保証3,000円を超えているのでインセンティブは発生しません。

 

こんな感じのインセンティブが収入保証です。ややこい。

 

収入保証インセンティブの支払い時期

プロモーションまたは保証額のお支払いは、その保証またはプロモーション期間が終了してから 1~2 週間後のお支払いサイクルで行われます。たとえば、保証期間が 5 月 2 日月曜日から 5 月 9 日月曜日までであった場合、その保証額は、5 月 17 日火曜日の週の支払い明細にて処理および支払いを実施します。

プロモーションと保証額については、支払い明細の「その他のお支払い」欄に記載されます。参加希望を表明されたプロモーションの対象要件を満たしていなかった場合は、支払い明細にその理由が記載されます。

出典:プロモーションと保証額の支払い時期

と、書いてますが倍率インセンティブや配達回数インセンティブと同じタイミングで支払われます。つまり、今回7月23日(月)〜27日(金)の収入保証は30日週の配達報酬の支払い時(8月1日(水)ごろ)に支払われることになります。

収入保証が適用されたかは、UBERヘルプページ右上「アカウント」→「パートナーとしての売上」→「売上」タブを開くと確認できます。アプリからは「売り上げ」→「今週の売り上げ額」→「取引」に記載されています。

 

 

Uber Eats1週間の配達結果

Uber Eats配達記録:7月23日

Uber Eats7月23日の配達記録

+配達回数インセンティブ2,100円。時給換算1,941円。お昼はMAXまで配達回数クリアできそうな流れでしたが、14時で流れが止まってしまいました。。でもいい数字です。

 

Uber Eats配達記録:7月24日

Uber Eats7月24日の配達記録

+配達回数インセンティブ1,200円。実稼働8時間で時給換算1,464円。やっぱりお昼はMAXクリアならない・・・!

 

Uber Eats配達記録:7月25日

Uber Eats7月25日の配達記録

+配達回数インセンティブ1,900円。実稼働9.5時間で時給換算1,383円。今週は明らかに14時代の配達がありません。配達パートナーが過剰になってしまっているんだろうなあ。

 

Uber Eats配達記録:7月26日

Uber Eats7月26日の配達記録

+配達回数インセンティブ1,500円。+収入保証2,103円。時給換算1,277円。この日は本当に酷くて13時から1時間半も配達依頼がありませんでした。気温が涼しく注文が減ったこと、連日同様配達パートナーが過剰になったことが原因と思われます。

配達回数インセンティブが達成できそうでできないとヘコみますが、しょうがないと割り切らないと気持ちが持たないですね。配達回数インセンティブは土日はずっと発生してますし、珍しいものではないのでクリアできたらラッキーぐらいのスタンスでいた方が楽しい。そりゃ、クリアできたらもっと楽しいですけどね!

 

Uber Eats配達記録:7月27日

Uber Eats7月27日の配達記録

+配達回数インセンティブ500円。+収入保証1,730円。時給換算1,009円。

 

1週間通して、収入保証インセンティブをうまく適用できませんでした。発生したのは木曜と金曜だけ。収入保証インセンティブの適用ルールがちょっとわかりにくかったことが原因です。次回収入保証が発生する時は漏らさないようにしたいな。

 


Uber Eatsの配達パートナーに興味があれば、ぜひ一緒にやりましょー。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり

週末休みの日の4時間だけでもキャンペーン次第で十分なお小遣いになりますよ。


 

ひかる

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。