Uber Eats配達パートナーの到達点「ゴールドパートナー」について

Sponsored Link

こんばんは。ひかるです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーをやっています。自転車やバイクで料理をデリバリーする仕事です。

実はあまり知られていませんが配達パートナーの中でもグレードがあって、一定の条件を満たすと運営会社(Uber Eats)に「ゴールドパートナー」として認定されます。

このエントリーではUber Eatsの認定ゴールドパートナーについての情報をまとめます。

 


Uber Eatsに興味があるあなたへ。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり


 

本格稼働から6ヶ月。Uber Eatsゴールドパートナーに認定されました

Uber Eatsの配達パートナーとして本格的に稼働開始して半年。目標としていたゴールドパートナーに認定されたと今朝メールが届きました。これまでに配達2,000回弱。3,000回達成ぐらいからが認定条件と思っていたので想定よりも早くゴールドパートナーに認定されました。

ゴールドパートナーを目標において仕事していたので感無量です。

 

ゴールドパートナーとは

Uber Eatsの配達パートナーの仕事はとても簡単です。配達パートナー用アプリで受信した配達依頼に従ってレストランに料理を受け取りに向かい、受け取った料理をマンションやビルなど指定された住所へ配達するというもの。配達先は住宅やオフィスなどがほとんどですが、時にはホテルの宿泊部屋、新宿御苑や代々木公園などへも配達します。

配達パートナーは「レストラン」と「注文者」から評価されるシステムになっています。レストランに料理を受け取りに来る時間が遅い、配達された温かい料理が冷めている、ドリンクがこぼれてしまっている、などなど、問題のある配達には両者からBAD評価が下されます。一方、満足度が高ければGOOD評価をもらうことができる仕組みです。

 

評価内容は直近100件についてカウントされ、GOOD評価の割合で0〜100%で随時確認することができます。ちなみにGOOD・BADの他に「無評価」もありますが、この場合はカウントされません。つまり、GOOD or BAD評価された直近100件についての満足度を示します。

この数字が配達パートナー平均を下回ってあまりにも低い数字になると、アカウント停止となり配達パートナーの仕事ができなくなるとのこと。怖い怖い。ただ節度を持って普通にやっていればそうそうアカウント停止になることはありません。

 

そんな配達パートナーの中でも満足度など一定の条件を満たした配達パートナーはゴールドパートナーに認定されます。ゴールドパートナーは経験豊富かつサービスレベルの高いプロフェッショナルに与えられる称号です。認定されると以下の特典が発生します。

>>Uber Eats公式サイト「ゴールドパートナープログラム」

  • キャンペーンの優先案内
  • Uber Eats プロモコード
  • レストラン優待

特典の中でもプロモコードは今回「1配達1,000円割引×10回」、総額10,000万円分。レストラン優待については様々な店舗で利用可能で10〜30%割引などの優待が受けられます。なかなか豪華です。

 

Uber Eats認定ゴールドパートナーになるための条件

Uber Eatsゴールドパートナーの認定条件はこれまで非公開でした。サポートに問い合わせても教えてくれません。最近では認定条件が発表されるようになりました。

  1. 過去3ヶ月間の合計配達回数が500回以上であること
  2. 過去3ヶ月間に行った配達に関する注文者およびレストランパートナーからの評価平均が98%以上であること
  3. 過去3ヶ月間に、料理のピックアップ後に自己都合でキャンセルをした回数が5回以内であること
  4. コミュニティガイドラインを遵守していること

 

条件2〜4はマナーを守ってやっていれば問題なくクリアできるものですが、副業的に休日のみ稼働する配達パートナーの場合は条件1「配達回数500回以上」がハードル高めです。

終日10時間ほど稼働した場合、約20〜25件/日の配達が可能ですが、本業が週休2日だとしたら、3ヶ月間の休み(約24日)のうち最低20日間稼働しないと達成は困難ということになります。

また一度認定されても四半期ごとに改めて査定されるので条件達成を維持し続ける必要があります。この認定条件はこれまでも随時変更があるようなので、サービスの拡大状況や配達パートナーの登録数で変更されるかもしれません。

 

以上、認定ゴールドパートナーについてまとめました。

ゴールドパートナーは「特典が豪華だから目指す」というより「ステータス」として価値があります。配達パートナーとして仕事をする以上、レストランや注文者、サービスを提供しているUber Eatsにとって有益な存在でありたいと僕は思います。「シフトがない、新しい働き方だから」と独りよがりな理由よりも「ありがとう」と誰かに感謝されることはどんな仕事でも働く喜びの一つです。認定ゴールドパートナーはそうした価値提供が認められた一つの指標なので、ゴールドパートナーに認定されると単純に嬉しく思います。

 

 


Uber Eatsの配達パートナーに興味があれば、ぜひ一緒にやりましょー。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり

 

週末休みの日の4時間だけでもキャンペーン次第で十分なお小遣いになりますよ。


 

ひかる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。