Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達回数インセンティブ(クエスト)のまとめ

UberEats(ウーバーイーツ)の配達回数インセンティブ(クエスト)のまとめ
Sponsored Link

こんにちは。Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして仕事をしている ひかるです。このブログでは配達報酬の記録を公開しています。

 

>>前回のUber Eats配達数字

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐなら「雨の日」にやるべき3つの理由

2018.10.03

 

>>次回のUber Eats配達数字

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるのはバイク?自転車?

2018.10.17

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系ってどうなっているの?

実際稼げるの?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるか否かは「時と場合による」というのが答えですが、通常の報酬にプラスされるボーナス(インセンティブ)が発生することがあります。このエントリーでは配達回数インセンティブ、通称クエストについて紹介します。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系とその他の報酬ボーナスについてはこちら。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)の倍率インセンティブ(ブースト)のまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の倍率インセンティブ(ブースト)のまとめ

2018.08.21

>>【Uber Eats配達】収入保証インセンティブのまとめ

【Uber Eats配達】収入保証インセンティブのまとめ

2018.07.30

 

サマリー

  • 指定時間帯に配達完了した回数によって+400〜3600円がプラスされる
  • お店から「最初の」配達パートナーに依頼した時間帯が基準となる
  • 配達回数を増やすコツは「ダブル(2件同時配達)」と「短距離」

Uber Eatsに興味があるあなたへ。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり


 

配達回数インセンティブ(クエスト)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)では通常の配達報酬に加算されるボーナス(インセンティブ)が用意されています。常にあるわけではなく、以下のような場合にインセンティブが発生します。

  • ランチ・ディナーのピークタイム(10:30〜15:00、17:30〜21:00)
  • 土曜・日曜
  • 悪天候(雨天・台風)

 

インセンティブが発生するときは稼げるチャンス。積極的に配達しています。

 

発生インセンティブは事前にわかる?

配達パートナー用アプリから確認できます。

 

週間スケジュールがアプリ上で確認できる

このアプリは登録後にDLできるもので、直近1週間のインセンティブ予定が表示されます。1週間前など事前に決定していることもあれば、当日数時間前になってインセンティブが発生するような場合もあります(悪天候時など)。

主なインセンティブは次の3つです。特に「ブースト」と「クエスト」が最も多く、「収入保証」は最近ではほとんど発生しません。

  1. 倍率インセンティブ(ブースト)
  2. 配達回数インセンティブ(クエスト)
  3. 収入保証インセンティブ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の倍率インセンティブ(ブースト)のまとめ

2018.08.21

【Uber Eats配達】収入保証インセンティブのまとめ

2018.07.30

 

このエントリーでは「クエスト」について解説します。

 

配達回数インセンティブ(クエスト)の仕組み

クエストは、指定された時間帯に決められた回数の配達を完了させることで報酬がアップするというものです。例えばこんな感じ。

クエストの詳細画面

この場合、10月5日の17:30〜22:00の4.5時間の中で合計4回、8回、12回の配達が完了すると追加報酬がもらえるということです。「指定時間帯」や「回数」はその時によって異なりますが、最近はだいたいこんな感じです。

 

注意したいのは加算される金額計算。ここで書かれている数字(400、1300、2600)は達成の度に合計されません。たとえば、配達完了が4回なら+400円ですが、そこからさらに4回完了(合計8回)しても+1300円にはなりません。

配達完了8回の場合

○:400 +(1300 – 400)= 1300円
×:400 + 1300 = 1700円

 

さらに、配達完了12回の場合は次の通りです。

配達完了12回の場合

○:400 +(1300 – 400)+(2600 – 1300)= 2600円
×:400 + 1300 + 2600 = 4300円

 

 

クエストが発生している時間帯になると、アプリからリアルタイムで達成状況を確認することができます。

配達4回達成

4回達成時。

 

配達8回達成

8回達成時。

 

完全クリア(この場合は12回)すると+2600円と、およそ配達5回分にもなります。配達5回するためには最低でも1.5〜2時間は必要なのでその分がボーナスされるのはかなり大きい・・・!

ただし、完全クリアはよほどの条件が揃わないと達成は難しくなっています。注文が多いエリアであることに加え、その他の条件は次のエントリーで詳しく。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐなら「雨の日」にやるべき3つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐなら「雨の日」にやるべき3つの理由

2018.10.03

 

指定時間帯の注意点

指定時間帯に配達完了したのにクエストの配達回数にカウントされない場合があります。例えば、17:35に配達依頼を受けたのにノーカウント。

 

あれ、アプリのバグかな?

 

と思ってしまいますが、実はこれ、細かい裏ルールによるもの。インセンティブの指定時間帯とは、お店から一番最初の配達パートナーに依頼した時間を基準としています。これはクエストだけでなくその他インセンティブにも当てはまります。

つまり、自分のところには「17:35」に配達依頼が来たけれど、実はその前に他のドライバーに依頼を出していた時間が「17:29」だった(そのドライバーは配達依頼を拒否した)場合、指定時間帯以外の配達とみなされてしまうわけです。

その一方、このルールに基づくと次の場合でもカウントされることになります。

  • 「21:00」に配達依頼を受け、クエスト時間対象外の「21:30」に配達を完了させた
  • クエスト時間対象外の「21:05」に配達依頼を受けた(21:00以前に他のドライバーに配達依頼を出していた場合)

 

インセンティブの指定時間帯について詳しくは次のエントリーで解説しています。

>>【Uber Eats配達】配達回数(クエスト)・倍率(ブースト)インセンティブの盲点

【Uber Eats配達】配達回数(クエスト)・倍率(ブースト)インセンティブの盲点

2018.05.21

 

 

クエストで配達回数を増やすコツ

最後にちょろっとUber Eats(ウーバーイーツ)のクエストで配達回数を多く増やすコツ。キーワードは「ダブル」と「短距離」です(どちらも運要素が強いのですが・・・)。

ダブルとは1つのお店に配達2件分の料理を同時に受け取り、1件ずつ配達することです。配達依頼を受けた直後、続けて配達依頼を受信することがあります。

初心者のうちは1件の配達だけでもいっぱいいっぱいなのですが、慣れてくると「ダブル」はおいしい案件です。ダブル配達はシングル配達×2に比べ、お店に料理を受け取る時間がカットされるため時間短縮につながります。

ダブルの方が効率的な配達ができる

 

また、もう一つのキーワードが「短距離」です。配達パートナーは自転車やバイクを使って配達をするわけですが、次の2つを繰り返します。

  1. 配達依頼を受諾後、お店に料理を受け取る(ピックアップ)
  2. お店で料理を受け取った後、配達先まで運ぶ(ドロップ)

お店に料理を受け取る、通称「ピックアップ」は近ければ「1分」、遠いものだと「15分」ということもあります。当然距離が遠ければ遠いほど時間はかかるので、近いお店にピックアップする方が配達回数は稼げます。

 

配達依頼時にお店までの距離がわかる

ピックアップでは、配達依頼を受ける時にアプリに時間が表示されるので、あまりにも遠すぎる場合は依頼を拒否することができなくはありません。ただし、拒否しすぎるのはお店やお客様に迷惑がかかるのでおすすめできません。

 

一方のお店から配達先へ運ぶ通称「ドロップ」も同様、お店から配達先までの距離は様々です。自転車配達の場合長ければ5km以上のこともあれば、短いと100m以内なんてことも。配達距離が伸びればその分時間もかかります。

もちろん長距離の方が配達1回あたりの報酬は高くなりますが、クエストの場合は配達回数を稼ぎやすい短距離案件がいい。しかしピックアップと違って、ドロップの場合は配達依頼を受ける時点で距離を把握することはできません。

 

 

「ピックアップ」「ドロップ」の距離を短く、というのがクエスト攻略の鉄則ですが、個人店(or小規模店)に比べ全国チェーン店の方が短距離案件が発生しやすくなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)には2018年10月現在、マクドナルドやケンタッキーなど全国チェーン店の料理を注文できます。これらのお店はたくさんお店を出店しているので、注文をするお客様も配達先近所の店舗が選択できます。

一方、個人店や小規模店の場合、店舗数が少ないため近所に店舗がないため、配達距離も長くなるという傾向です。

これを利用して、全国チェーンが集まるエリアで待機しておくと、比較的短距離の案件を受けやすくなります。が、他のドライバーも同じことを考え行動していると、配達依頼を奪い合うことになり結果的に、自分が受診できる配達依頼件数が少なくなるということにも。

1件配達するにしても奥が深いのがUber Eats(ウーバーイーツ)の醍醐味です。

 

 

以上、配達回数インセンティブ(クエスト)の紹介でした。

クエストは時間内に完全クリアできるか!?みたいなゲーム感覚でとても楽しいですよ。クリアすると報酬アップの喜びもありますし。

様々あるインセンティブの中でもクエストは最も稼ぎやすくなっています。クエストが発生しているときは時給換算2,000円も難しくありません。クエストを発見したら、積極的に配達しましょう!

 

Uber Eats今週の配達結果

Uber Eats配達記録:10月1日

Uber Eats10月1日の配達数字

アプリのバグでブースト料金が加算されていませんでした。後日無事に加算され、合計10,657円。時給換算1,253円。

 

Uber Eats配達記録:10月2日

Uber Eats10月2日の配達数字

この日もアプリバグのブースト料金後日加算で合計10,618円。時給換算1,061円。

 

Uber Eats配達記録:10月4日

Uber Eats10月4日の配達数字

この日は不調でした。時給換算818円。こういう日もありますが極力少なくしたいところ。

 

Uber Eats配達記録:10月5日

Uber Eats10月5日の配達数字

1日通して雨でしたが、夜だけクエスト発生。+1,300円で時給換算1,514円。ちなみに矢印マークがついているのが「ブースト(1.1,倍)」対象の配達です。

 


Uber Eatsの配達パートナーに興味があれば、ぜひ一緒にやりましょー。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり

 

週末休みの日の4時間だけでもキャンペーン次第で十分なお小遣いになりますよ。


 

ひかる

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。