【Uber Eats】Googleマップが使えないケースには「ドコモの地図アプリ」で配達遂行す!

Sponsored Link

こんにちは。ひかるです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして累計3,000回の配達、Uber Eats認定ゴールドパートナーです。

>>Uber Eats配達パートナーの到達点「ゴールドパートナー」について

Uber Eats配達パートナーの到達点「ゴールドパートナー」について

2019.01.03

 

普段の配達時にはUber Eatsの配達パートナー用アプリを使って配達をしています。大抵はこれだけで事足りるのですが、アプリの不具合で目的地が表示されない場合などのために、サブでGoogleマップを使用します。

Googleマップでもうまくいかない場合もあるので、そんな時に役立つ地図アプリを紹介します。対応OSはAndroidのみ、iPhoneでは使えません。

配達で迷ってしまった時について、まずはこちらのエントリーからどうぞ。続編です。

>>《Uber Eats配達トラブル》Uber Eatsの配達先が見つからない時にやるべきこと

《Uber Eats配達トラブル》Uber Eatsの配達先が見つからない時にやるべきこと

2019.03.15

 

地図アプリ -迷わない地図(ゼンリン最新地図・渋滞・乗換)

地図アプリ -迷わない地図(ゼンリン最新地図・渋滞・乗換)

NTT DOCOMO無料posted withアプリーチ

 

 


Uber Eatsに興味があるあなたへ。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり


 

Uber Eatsの配達でGoogleマップを使うのはこんな時

Uber Eatsの配達パートナー用アプリはとても使いやすくなっています。配達に必要な情報(レストラン・注文者の住所・GPS・メモ)を見やすいUIで表示されます。

 

配達依頼時からマップに表示される

住所情報とアプリ上のGPS情報さえあればトラブルなく、配達が完了することができます。

 

Googleマップがなぜ必要になるかというと、Uber Eatsの配達パートナーアプリは頻繁に大きなものから小さなものまで様々な不具合(バグ)が発生するためです。

特に多いのがGPS情報が表示されないというバグです。

 

以前のエントリーにまとめましたが、こんな時はGoogleマップを使っています。

  • メイン:Uber Eats配達パートナーアプリ
  • サブ :Googleマップ

 

住所情報さえわかれば、Googleマップで検索かければ問題なし。Googleマップは音声認識が素晴らしいので「港区芝公園2 – ○ – ○」と呼びかければパパッと表示してくれます。文字入力よりも音声入力です。

 

Googleマップでもうまく配達ができないケースがある

Googleマップが機能するのは住所情報がわかる場合です。例えば、次のように住所情報が不完全な場合はNG。

「芝公園2丁目」以降の住所がわからなければGoogleマップではこのような表示になってしまいます(当然ですけど)。この範囲全てをくまなく調べるわけにはいきません。注文者と連絡を取り、正確な住所情報を教えてもらいます。

改めて、Googleマップにて音声入力検索。残念ながらごく稀に、完全な住所情報でもピンが表示されない場合があるんです。

原因はわかりません。新築のため未登録、という場合は確かにあるのですが、数年経過している建物でも表示されないことがあるのです。

 

ピンが表示されなければもうひとつ方法があります。地図上の任意の場所を長めにタップして住所情報を表示する。これも有効ですが、それでも出てこないなんて状況が万が一にもあるんです。注文者からすると

「住所情報があるのに何でわからないの?」

「郵便局や宅配便は届くんだけど?」

という感覚です(実際、電話をかけた時に言われたことがあります)。はてさて、困った。

 

タップしたら住所情報を教えてくれるドコモの地図アプリが便利です

Googleマップを補完する「サブのサブ」があります。Androidユーザー限定ですが、NTTドコモの地図アプリがすごくいい感じです。

コイツのメリットは、地図上をタップするとGoogleマップよりも正確に住所情報を教えてくれます。

GoogleマップがNGでも、ドコモ地図アプリならOKという場合がほとんどで、ドコモ地図アプリを使っても目的地にたどり着かなかったことは未だかつてありません。さすが、ゼンリン!

 

Uber Eatsの配達中に住所情報が不完全だった場合の解決策まとめです。

  • メイン  :Uber Eats配達パートナーアプリ
  • サブ   :Googleマップ
  • サブのサブ:ドコモ地図アプリ

 

  1. 配達アプリの住所文字情報を確認する
  2. Googleマップで検索する
  3. 注文者に住所情報をもらう(メッセージ推奨)
  4. Googleマップで検索、あたりをつける
  5. ドコモ地図アプリで地図タップ探しでピンを特定する

 

地図アプリ -迷わない地図(ゼンリン最新地図・渋滞・乗換)

地図アプリ -迷わない地図(ゼンリン最新地図・渋滞・乗換)

NTT DOCOMO無料posted withアプリーチ

 

 


Uber Eatsの配達パートナーに興味があれば、ぜひ一緒にやりましょー。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり

週末休みの日の4時間だけでもキャンペーン次第で十分なお小遣いになりますよ。


 

ひかる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。