通帳の再発行に1,080円もかかるとは・・・

Sponsored Link

こんばんは。ひかるです。

今日はちょっとグチになります・・・。

確定申告の書類を準備している中で事業用の銀行口座の入出金明細が必要になりました。ネットバンキングで明細を確認しようとしたら期限が過ぎてしまい確認できず。そうなると通帳で確認することになるのですが、あまりにも記帳していなかったので「未記帳合算」でやっぱり明細がわかりません。

どうしたものかと調べてみると、銀行の窓口に行けば「未記帳合算」の部分について明細を出してもらえるとのこと。それじゃと今日銀行に行ってきました。

しかし・・・。通帳を持って行かなかったために「明細は出せない」と断られてしまいました。確かにホームページでも「通帳が必要」と書いてありました。通帳は実家に置いてきたので取りに行くのは手間。通帳なくてもどうにかなるかと思いましたが残念。

それならと通帳を再発行することにしたのですが、なんと通帳の再発行は1,080円もかかるそうです(キャッシュカードの再発行も同額)。

あのちっちゃいノートみたいなものが1,080円・・・?高すぎ!!

そもそも、通帳がないと明細がでさない理屈がわからん。実際、1,080円払って通帳を再発行したら明細は出してもらえることになりました。

なぜ???

百歩譲って、「未記帳合算」と書かれた現物の通帳がないと、履歴が追えず明細が出せないならわかる。けど、再発行したまっさらな通帳でも明細出せるのなら、システム的に通帳がなくても明細が出せるんじゃないのかい・・・?

と思うわけです。どう考えてもあの紙っぺらの原価を考えても1,080円は高すぎるし、通帳未所持だと明細が出せない理屈が意味不明。そもそも通帳なんて常に持ち歩いてないし、銀行になんてほとんどいかない。

きっと僕は今後も新しくなった通帳を持って記帳しにいくことはほとんどないし、銀行に行くことも年に数回だと思う。それなのに1,080円を払うのは納得いかないんです。

今時、預金残高はネットバンキングで確認できるのだから、わざわざ通帳をいちいち記帳なんてしないはず。銀行のルールはなんだか世間の感覚とだいぶズレているような気がしてしまいました。

 

ひかる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。