軽いのに堅牢。デザイン性の高いサイクルロック「TiGr Lock mini」

Sponsored Link

こんばんは。ひかるです。

僕が乗っているロードバイクのメイン鍵の紹介です。

今週のUberEats(ウーバーイーツ)。インセンティブ内容に変化あり

普段ロードバイクでUber Eatsの配達パートナーの仕事をしていたりします。配達中、自転車から離れる時間も結構あって、ロードバイク乗りからすると盗難リスクが怖いところ。

施錠していても工具を使ってガッツリ破壊されてゴリゴリ盗まれるというじゃないですか。。工具に超強い鍵なんかはありますが、鍵自体の重さが重量2kg超えなんて重量級であることも珍しくなく。それじゃロードバイクの意味が、、、状態です。

サイクルロックにおいて「堅牢性」と「重量」がトレードオフの関係にあって、どこまで堅牢性と鍵重量のバランスを取るか。その一つの答えとしてTiGr Lockがなかなかに良さそうです。

 

TiGr Lock miniはこんなサイクルロック

TiGr Lockは軽さと堅牢性を兼ね備えたオンリーワンなサイクルロックです。アメリカで生まれました。

 

TiGr Lockの堅牢性については第三者機関の調査で ABUSやKryptoniteなどの一流サイクルロックメーカーと肩を並べるほどの実力。さすがに工具で壊せないことはないと思いますが、それでも「瞬殺」はされないはず。

 

非常に特徴的な形状をしています。これをかっこいいとみるか、ダサいとみるか。このフォルムは非常に機能的で地球ロックしやすくなっています(後述)。

 

 

重量は約430g。堅牢性に定番のABUSの軽量モデルでも715gなのでTiGr Lockはかなり軽いクラスです。走っていて、重さは感じません。

 

ABUSの最強モデルは2,000gオーバー。ロードバイク自体8kg前後なので鍵だけで+2kgと考えるとなかなか・・・。

 

オリジナルなフォルムは自転車にマウントされると、それはそれで絵になります。鍵自体の存在感は出ますね。

 

TiGr Lockのマウントパーツ。

 

TiGr Lockをマウントするにははめ込むだけ。走行中の軽微な振動で外れることはありませんが、大きな段差など強い衝撃では外れそうになったことは何度かあります。が、外れて落ちてしまったことは一度もありません。そういった意味ではこの構造でもギリセーフ。

 

鍵穴はシンメトリーなので、鍵の差し込みが「オモテ」とか「ウラ」で悩むことがありません。鍵穴に鍵を差し込んでうまくいかず抜き差しするのって結構ストレスなんですよね。

 

鍵を解錠すると鍵穴部分がポップアップします。

 

解錠すると鍵穴部分のパーツが外れます。TiGr Lock本体は二股に分かれるのでフレームやタイヤなどを通します。

 

鍵穴パーツの内側には溝があるので、二股に分かれた鍵先をグッと合わせてはめ込む形状。面白い。

 

三角形のフォルムをしているのでフレームとタイヤをしっかり挟むことができます。

 

 

地球ロックも余裕です。

 

TiGr Lockはチタン製なので、他の金属製サイクルロックのように自転車のフレームを傷つけてしまわないか心配ですが、ビニルで鍵全体がカバーされているので柔らかく、フレームを傷つけることはありません。

 

紹介したアイテム

 

ひかる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。