Uber Eats(ウーバーイーツ )オンライン時間インセンティブについて

Sponsored Link

こんにちは。ひかるです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして累計3,000回の配達、Uber Eats認定ゴールドパートナーです。

>>Uber Eats配達パートナーの到達点「ゴールドパートナー」について

Uber Eats配達パートナーの到達点「ゴールドパートナー」について

2019.01.03

 

Uber Eatsにはインセンティブと呼ばれる、追加報酬が用意されています。もともとUber Eatsを利用して働くことは、時給制ではなく完全歩制の報酬体系となっていますが、インセンティブとは「指定条件を満たした配達」に対して基本報酬とは別に追加で報酬が得られる成功報酬のようなものです。

Uber Eatsが用意しているインセンティブには一般的なものとして以下が存在します。

  • 倍率インセンティブ(ブースト)
  • 配達回数インセンティブ(クエスト)

詳細は別エントリーをご覧ください。インセンティブの指定条件は「配達時間帯」「配達エリア」「配達回数」が要素となっています。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)の倍率インセンティブ(ブースト)のまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の倍率インセンティブ(ブースト)のまとめ

2018.08.21

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達回数インセンティブ(クエスト)のまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達回数インセンティブ(クエスト)のまとめ

2018.10.08

 

このエントリーでは比較的レアな「オンライン時間インセンティブ」についてまとめます。

 


Uber Eatsに興味があるあなたへ。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり


 

オンライン時間インセンティブとは

Uber Eatsのオンライン時間インセンティブは非常にレアケースで、2019年10月現在、ほとんど発生しないと言っても過言ではありません。

インセンティブ自体が、配達パートナー全員に発生するものではなく、配達パートナーによって発生したりしなかったりする性質があります。それは配達パートナーの登録エリアやステータス(満足度・配達回数)が関わってきます。

例えば、登録エリアが「横浜」の配達パートナーにはブースト(倍率インセンティブ)が発生するが、「東京」の配達パートナーには発生しない、ということがあったり、クエスト(配達回数インセンティブ)について「東京」と「埼玉」で条件や金額が違う、なんてこともあります。

 

話をオンライン時間インセンティブに戻します。このインセンティブは「配達するために待機した時間について報酬が支払われる」というものです。いわば時給的な仕組み。

Uber Eatsで配達の仕事をするには、まず専用アプリを起動します。これをオンラインといいます。アプリをオンラインにしたまま待っているとレストランから配達依頼が入り、レストランまで移動し、料理を受け取り、注文者へ配達することで1件の配達が完了、報酬が支払われます。

通常、Uber Eatsの報酬が支払われるのは「レストラン」→「注文者」の「料理を配達した」部分のみ。その前段階にあたる「オンライン」→「レストラン」の「待機する」「レストランへ向かう」部分については報酬が支払われないシステムとなっています。

が、オンライン時間インセンティブは通常では報酬にならない「オンライン」についても報酬が支払われるわけです。

 

具体的なケースにあてはめて説明します。たとえば、オンライン時間インセンティブの条件が以下だった場合についてとりあげます。

  • インセンティブ:1,500円/時間
  • 対象時間帯:9:00〜24:00

9:00にアプリをオンライン、そのまま10:00の60分間、配達をしなかったとします。

通常なら60分間のオンライン時間に関わらず、1件も配達をしていないので報酬は0円です。しかし、オンライン時間インセンティブの条件達成により、1,500円を獲得することとなります。実質何もしていないのに、です。

配達エリアとその時間帯によっては1時間全く配達依頼がないことも珍しくありません。Uber Eatsのサービスが広く浸透することを願うばかりです。

一方で、必ず1,500円が追加で支払われるわけではないことに注意が必要です。例えば、前述の条件の中でオンライン時間60分、配達を2件完了し配達報酬800円の獲得があった場合。次のようになります。

  • 1,500 – 800 = 700円

オンライン時間インセンティブは「オンライン60分間あたり〇円を保証する」という性質のため、配達を完了し報酬を獲得している場合は差額分のみ支払われることになります。

Uber Eats公式でも以下のように説明しています。

 

もしも、配達をたくさんこなして報酬が1,500円を超えた場合は、インセンティブ分は0円となります。

 

以上まとめると、オンライン時間インセンティブとは、「オンラインにしている限り最低時給〇円の収入を保証します」という、限りなく時給制に近いインセンティブです。

 

オンライン時間インセンティブが発生する条件

歩合制のUber Eatsの配達の仕事において、レアなオンライン時間インセンティブ。これが発生する場合とはどんな時でしょうか。

インセンティブが発生する条件はUber Eatsでは公式にはアナウンスされていないため、経験ベースで推測するしかありません。実際に僕が経験したなかでいくと、オンライン時間インセンティブは配達を長い間休止していると発生する可能性があります。

 

僕は1ヶ月ほど配達をしなかったタイミングで、以下のメールが届きました。

休止期間が長いというのは条件になりそうですが、他にも休止前までのステータスも影響するかもしれません。僕自身、配達回数は直近3ヶ月で500回以上、評価満足度は98%以上のUber Eats認定ゴールドパートナーでした。

>>Uber Eats配達パートナーの到達点「ゴールドパートナー」について

Uber Eats配達パートナーの到達点「ゴールドパートナー」について

2019.01.03

 

ゴールドパートナーでなくても、発生したのかどうかはわかりません。またこうしたインセンティブの発生条件はUber Eatsにて頻繁に変更しており法則性を見出せても一時的なものであることは珍しくありません。

ただ、一ついえるのは配達回数をしっかりこなし、レストランや注文者からの評価満足度が高い状態を維持することが配達パートナーとして重要です。配達パートナーの仕事のクオリティが高ければ、Uber Eatsのサービスクオリティの向上に繋がるのは自明のことで、そのために「Uber Eatsサービス全体にとって価値のある」配達パートナーを優遇するはずです。

これは、あまりにも評価満足度が低い or 配達キャンセルが多い or 過失割合の高い交通事故を起こした配達パートナーがアカウント停止・削除の対象となることからもわかります。

Uber Eatsのみで生計を立てるのはおすすめできませんが、アカウント停止はどの配達パートナーにとっても大きな損失です。絶対に避けなくてはならない状況ともいえます。

とはいえ、一般的なモラルをもって仕事をしていれば大きな問題になることはありません。無理せず、安心・安全を最優先すれば、Uber Eatsはとても楽しい仕事になるはずです。

 


Uber Eatsの配達パートナーに興味があれば、ぜひ一緒にやりましょー。

配達パートナーに初めて登録すると「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。
※予告なく変更・終了の可能性あり

 

週末休みの日の4時間だけでもキャンペーン次第で十分なお小遣いになりますよ。


 

ひかる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2013年大卒。社員3名零細スタートアップベンチャー新卒入社。組織開発コンサルに従事後、17年12月末退職。収入0からリスタート。好きなことやりたいことに素直に!ブログを綴りながら生きていく!人生実験してます。